2017.09.08

店舗運営を業務委託するとかいっても、店をまるっと任せるのは実際不安。だったらこうやって信頼を積み重ねてみては?

店舗運営を業務委託するとかいっても、店をまるっと任せるのは実際不安。だったらこうやって信頼を積み重ねてみては?

 

業務委託をやってみたいけど何から手をつけたら良いの?

業務委託をやってみたいけど、まず何から手をつけよう・・・。という方へ導入のステップをご説明します。

まず、なぜ業務委託をしようと思ったのかを整理しましょう。メニューなのか、オペレーションなのか問題点を洗い出し、業務委託により外部から力を貸してもらいたい事を明確にします。

 

でも、実際店を任せるのって怖くない??

店舗運営の業務委託をしている飲食店は多く存在しますが、初めて業務委託を考えている方は不安ですよね。商品開発や立ち上げ、オペレーションの確立など部分的な業務の委託であれば、あなたは店にいるわけですから不安は少ないと思います。しかし、店舗運営となると店をまるっと任せるわけですから不安はつきものです。

現状として業務委託をしようと考えている店は、あなたが店の営業に入っている場合と、既に店には入らず従業員に任せているという2つのケースがあると思いますが、今回は後者の場合を考えて見ましょう。

雇用契約を結んだ従業員には既に店を任せていても、業務委託で店舗を任せるとなると不安に感じるのは何故でしょうか。雇用契約の場合、自分が雇った従業員だから何かあったら仕方が無いと思えたり、既に従業員と信頼関係が築けているからだと思います。

信頼できる人に委託するのか、委託して信頼を築いていくのか。これは業務委託をする店カツ次第になります。以前のコラムでも書いたように既に店を運営している従業員に業務委託をするという方法もあります。今回はさらに具体的に、店タクどっとコムでマッチングした、これから信頼を築いていく店カツの場合を考えて見ましょう。不安を少しでも取り除くためには、お互い話し合い業務委託契約書を締結する必要があります。

 

業務委託契約書の条文はどうやって作成するの?

従業員と雇用契約書を結ぶように業務委託も契約ごとなので、委託する業務の内容、売上から報酬の精算方法、起こりうる問題や解約の方法など考えられる全てを盛り込みます。もちろん、弁護士などに相談することをおすすめしますが、初めての業務委託となると何をどう作成してよいかわからないという方も多いと思います。そこでおすすめなのは店長職の業務委託です。

飲食店は3ヶ月あれば復活できるともいえます。劇的ではなくても上向きか下向きか今後の指標となる数字は3ヶ月で売上に表れます。まずは、あなたの雇用する従業員を残して、店カツに3ヶ月など短期での店長職の業務を委託してみましょう。

短期であれば、歩合制の報酬ではなく固定での報酬でも良いかもしれません。その人の力を見る事も出来ますし万が一の時もあなたの信頼する従業員が店にいます。

 

店長職の業務委託なら店長として雇用するのと何が違うの?

ここがポイントです。雇用と業務委託の違いはサラリーマンかそうでないかの違いです。店を任された人も本気で店を良くしようと取り組んでくれるはずですし、個人事業主なので拘束時間も決まっていません。どこの時間に自分が店舗に入るべきかを見極めお店に入ってくれます。こちらでシフトを管理する必要はありません。また、雇用契約ではないため、契約期間が満了すればそこで契約終了という事もできます。雇用の場合はそう簡単に辞めさせることも出来ません。

 

売上のアップが信頼に変わっていく!

売上が上がってきたら次は歩合制など、店カツのやる気をさらに引き出す報酬の仕組みを導入しましょう。ここまでくれば店を任せるという不安は雇用した従業員となんら変わらないはずです。また、店舗運営をまるっと委託する場合の契約書に記載しておくべき内容もこの3ヶ月でお互いイメージがついてくるかと思います。厨房機器が壊れたら?新しいお皿を買いたいときは?など具体的な質問がどんどん出てきます。それを契約書という書面に落としていきます。

新しい事をするときは何でも不安はつきものです。でも業務委託契約を有効に使い、店タク、店カツ共にハッピーな店舗経営・運営を行なうためには、まずはスタート。まずは出会ってみる事からはじめましょう。「店タクどっとコム」に会員登録してみてくださいね。

⇒過去すべてのコラム一覧