2018.09.27

繁盛している飲食店の清掃レベルは高く清潔感がある

繁盛している飲食店の清掃レベルは高く清潔感がある

 

繁盛している飲食店の清掃レベルは高く清潔感がある

飲食店を訪れた際になんとなくカビ臭いような、ちょっと酸っぱいような臭いが気になったことってありませんか。

この臭いの要素はいくつか考えられます。厨房の排水口、床、グリストラップ、客室の床等々。

また、夜のうちにゴミを出して帰られる場合は、出来るだけカラスやネコに荒らされない場所かシッカリと蓋の閉まる容器で保管したいものです。

今回は排水溝・グリストラップ・排水管・厨房機器の庫内の清潔の維持大切さをお伝えします。

p> 

排水溝

清掃する際は蓋若しくはグレーチング(網型の蓋)などを外し、デッキブラシで綺麗にしましょう。

もし掃除をしばらく怠っている場合は油汚れに強い洗剤を使用して、蓋ともどもしばらくつけ置きして汚れを浮き立たせてからの方が効率的です。

グレーチングの溝に汚れが詰まっているようなら洗剤を吹き付けるのと同時に汚れがひどい表面にペーパータオルを置きその上から液剤を噴霧することで頑固な汚れも落ちやすくなります。

たまに排水溝から臭いがする、油でべとべとしてそのまま客席に出られないとの理由で段ボールなどを敷いているケースを見かけます。

ここは一つ毎日の日課として床清掃ともども行ってください。

p> 

グリストラップ

ここも毎日清掃してください。もともと油を含んだ排水が直接下水に流れ込むのを避ける為に必要な装置です。

流れずにとどまっている油をすくいとるか油吸着シートに油分をしみこませる要領で除去してください。

に脂分がトラップ内に沈殿することがあります。スコップの様なもので丁寧に取り除くか水も吸い取れるバキューム機で吸い取ってください。

の上でグリストラップの素材(FRP、ステンレス等)に適合する洗剤で洗い流してください。
p> 

排水管

厨房の臭いの元凶となっているのはなにも排水溝やグリストラップだけではありません。

長年の劣化で臭い止めのキャップが破損しているケースも見受けられます。

臭気がないからと言って隙間やキャップの劣化を放置しておくと、そこがゴキブリやネズミの通り道となり店内に細菌が持ち込まれるリスクが生まれます。

気が付いた時に必ず処置をしましょう。

 

厨房機器の庫内と取っ手

庫内の汚れは冷房効率を下げるばかりでなく、食中毒を引き起こす菌が付着繁殖する恐れがあります。

意外と忘れがちなのが扉のパッキン部分です。蛇腹状のゴムに菌が忍び込む可能性が高い場所です。

また、いろいろな調理や食材に触った手で開け閉めする取っ手は雑菌が付きやすく汚れが付着しやすい場所です。

アルコール噴霧器を傍らにおき常時殺菌を行いましょう。

掃除の行き届いたお店が気持ちのいいのは皆さん同じ意見だと思います。

常に清潔にお店を保ちましょう。

運用元:店サポ

⇒過去すべてのコラム一覧