キラメン料理人

小林 浩一 Le Verdurier 渋谷 オーナーシェフ

小林 浩一 Le Verdurier 渋谷 オーナーシェフ

Scene.1 料理が好き・・・

- ご経歴を教えて頂けますか?

調理師専門学校卒業してからも講師として残り、働いていました。23歳の時にフランスに行って星を獲得しているレストランで1年間修行をして、帰国後は京都にあるフランス料理で働らいて、その後レストランのシェフ等任され、3年間働き東京に出てきて2001年に大田区でレストランを開業し、一昨年の11月に千駄ヶ谷に移転して現在に至ります!

- 独立を目指したきっかけはなんですか?またいつから独立を考えてましたか?

以前から人に雇われるのは厳しいと思っていて手に職を持ちたいと思っていました!小さい頃から料理を作っていてたので慣れましたね。親も料理好きでしたね!あとは、料理天国という料理番組を見ていてフランス料理を食べているシーンを見て美味しそうだなー!と思って(笑)!高級な料理だと思っていたので自分は食べれないと思い、なら自分で作ろうと思いましたね。それが18歳の頃の話です!

- 独立に対して不安はありましたか?

考えるよりも先に体が動くので不安はなかったですが、開業してからの方がしんどかったです・・・!

- 開業後苦労したことを教えてください。

人を集めるのが大変でした。オープンしたばかりの頃は雑誌に掲載されたので人も集まりやすかったですけどね!人を集めるのは大変ですね…。

-経営者として、職人として悩みはありますか?

料理が好きで料理に比重がいってしまう事ですね・・・。それは注意しないといけないなと常に思ってます。お客様が気持ち良く帰ってもらう為には料理だけでは駄目だと思いますね!教育の部分でもどうしたらステップアップできるか考えないと長続きしないですからね・・・。

-独立されて変わったことはありますか?

雇われていた時も一生懸命でしたが、全て器選びやカウンターとか自分で決めれる楽しさですね!でもその分やらなくてはいけない事も増えますけどね!

Scene.2 自分が納得した物しか作らない

-経営者として、 職人として心がけていることを教えてください。

自分が納得した物を作らない事です。説得力がないので食材や魚もある物ではなくて欲しいものを使うようにしてます!まずは自分が納得して仕事をするようにしています。

- やりがいを感じる瞬間はありますか?

お会計の時に「ありがとう!」と言われる事がとても嬉しいです!その後もまた来店してもらえたらやりがいを感じます!前にタイ出身の子が食べに来た際に、帰国してしまうから挨拶しに来てくれた事があります!とても感動しました。

- お客様、従業員とどのようにコミュニケーションを取っていますか?

私は口が悪いですが後のフォローをするようにしています!親に怒られた事ない人が現代は多いのでビックリする人が多いですが、頭ごなしに怒っていたら続かないので良く考えて伝えるようにしています!お客様に対しては、料理で語るしかないので、人の口は様々なので私の料理を味しくないと思う人もいますが、自分が納得していたら良いと思っています。

Scene.3 先手必勝!

- 5年後、10年後の目標があれば教えてください。

オリンピックに向けて栄えていくと思いますし、津田塾大学も開講しますのでアプローチを念頭に入れてメニュー構成を考えていきたいですね!色々視野に入れながら店舗経営をしています!複数店舗展開は考えてないですね!このお店を任せても良いと思える人が居て、うちのお店をやりたいと思える人が出て来たら考えます(笑)!京都出身なので京都で店をやりたいですね。

- これから開業する人へ何かメッセージをお願いします。

先手必勝!思いっきりやって欲しいです!考える前に一生懸命やってほしいです!考えて動かない人が多いのでね!コケるときは思いっきりコケる事!そしてまた反省をすれば良いのです!

- 趣味はありますか?

食べ歩きですね!飲むの好きです!美味しいワインとか・・・。京都に帰ったらほとんど和食を食べていますね。食べ歩いて自分だったらこうするとか色々考えるようにしてます!

- リフレッシュ方法を教えてください

全国各地の温泉の粉入れてお風呂に入る事ですかね!30~40分入っています!食べて飲んで子供にも休みの時でないと会えないので会話をしています。朝もお弁当作りもします。

『やったもん勝ち』

料理もどうしたら自分が出来るようになるか等考えて貪欲になったもん勝ちだ!と熱意が伝わってきました。