2017.09.12

飲食店ユニフォームはデザインや配置によって印象が変わる!自分好みにアレンジしやすいからオリジナル店Tシャツを作ってみよう!

以前に、カッコいいユニフォームを着て働きたい人の心理を利用するという記事がありましたが、それに関連してユニフォームのデザインによってどのように印象が変わるかを試してみました。

飲食店ユニフォームはデザインや配置によって印象が変わるので自分好みにアレンジしやすいからオリジナル店Tシャツを作ってみよう!

Tシャツやポロシャツなどのユニフォームは、実は簡単に自分たちでも作れてしまうのです。よく高校の文化祭などでクラスTシャツとか作りませんでしたか!?そんな感じです。

分かりやすく、ラーメン屋さんのTシャツをイメージしてみました。まずは店名を入れるパターンです。

こちらは定番の左胸に印字するパターンと背中に大きく印字するパターンです。ラーメン屋さんは濃厚さやパンチをアピールするものが割と多いので、太文字でドドンと大きくインパクトを意識したものが好まれます。

文字の書体の強弱やひらがな、カタカナ、漢字等で印象が変わります。

続いてロゴを入れるパターンです。ロゴといっても店名を普通の文字にしているお店も有れば、デザインチックにイラストを交えたもので合ったりと様々です。

こちらは、ちょっとおしゃれめなラーメン屋さんをイメージし、主張するイメージではなく、小さめ、さりげなさを考慮した大きさ・配置にしたものです。

ちょっとかわいいオシャレTシャツに見えます!

次は、イラストのみのパターンです。お店をイメージするようなイラストやマークが使われているお店もよくあります。ワンポイントでイラストを使うことでオシャレさが出ます。

イラストの配置は色々とアレンジできそうです。袖に付けてもいいかもしれませんね。

やっぱりラーメン屋らしい力強さ、想いを伝えたい!!という場合はコレ。一言メッセージを入れるパターンです。

筆文字などで書いたメッセージを印字すると、なぜか旨そう・・・という印象になりませんか!?あまりウケを狙ってひねりすぎると寒いなぁと思われてしまうので注意が必要ですが。

こちらは、横文字、ローマ字、英語を使ったパターンです。試しにイラストも入れてみました。基本オシャレになります。イラストを付けたことでちょっとかわいい印象ですね。

それを大きくするとこのような印象になります。結構カジュアル感が出たのではないでしょうか。同じロゴでも大小の違いでとても印象が変わります。

ユニフォームは内装の一部!お店のコンセプトがあり、コンセプトに合う外装・内装があり、内装・雰囲気に合ったユニフォームを着る!

お店づくりはコンセプトを元に総合して作らなくては魅力的に感じるお店にはできないですね。あなたのお店のユニフォームはいかがでしょうか!?

⇒過去すべての記事一覧